2007年10月

奴らがやって来る


まーネタキャラの本領発揮といったとこでしょうかw

知り合いがAFKer

howsyourhonorpoint1.jpg

howsyourhonorpoint2.jpg

月日は巡りまたまたAV weekがやってきました。お前らやりすぎ!

電撃戦でFW/RHを落として速攻Drekを倒して勝つよりも
順に全capして負けた方がHonorが良いってのが分かってきて、
ほんとにAllyは勝負にこだわらなくなってきましたね。
この風潮の中孤軍奮闘する程の気力は既に無く(!)
Lemmingsの様にGalv>IB>TP>FWとわらわら彷徨っています。

で、よく見かけるのがAFKer。最近は最初Mineに入ってちょっとmobを
殺して、後はAlly本陣のsouth towerの裏の崖でひたすらAFK。
情けない事に日本人もよく見かけますね。Blackrockの有名どころの人
(Druのalt育てていた彼の人)やFrostmouneの日本人guildの人、
Proudmooreでつい最近まで知り合いだった人等々、こんだけ大挙して
AFKに勤しんでる状況ではなにをどうするって訳でも無く、もう諦めてますが。

個人的にはいくら飽きが来ようが、PvPといいつつ殆どPvEのレースの様相を
AVが呈していようが、PvPをやる為の場所で最後までAFKするってのは
PvPを好きな人間としては戴けませんね、沽券に関わります。
昔は自分の周りは同意見の人が殆どだった気がするのですが、
プレイヤーの質も少しずつ変わって来ているのかも知れません。

私信



TLCの「Waterfall」懐かしいですね、これは日本でも結構売れてた筈なので
R&B好きじゃなくても聴いてる人は多いかも知れません。trackを手がけたのは
Organized Noise、当時としては最先端のsoundで相当はまった覚えがあります。

続きを読む

蒼氓


JACCSと蒼氓
以前紹介した時はnetでfull verが見つからなかった為JACCS cardのCMで
お茶を濁していましたが、見つかりました。

過ぎてゆく季節を、人生を、必死に生きる人々全てに祝福のあらんことを。
山下達郎が残した(まだ存命ですが)この曲は、時代を超えて人々に
歌い継がれていくことと思います。信仰という文化が薄れた現代の日本人に
とっての真のanthem(聖歌)となり得る歌なのではないでしょうか。

帰ってきたClaw

Druid of The CLAW - V - Returns

暫く前になりますが、Korean DruidのClawが5th videoを
出していました。当時Feralで向かう所敵なしだった彼も
時代の流れかrespecしています。2on2ではResto、3on3 5on5ではbalance(!?)

Armory ワケワカランスムニダ

Feralの弱みというかやはりCycloneというOPなCCが増えた事で、
相対的にFeralが損をしてる感じにはなってますね。
んーこのままFeralを押し通すかBalanceに行ってみるか。

あぁRestoは無いです。強chara使ってると負けた時の言い訳がきかないという
不純な理由からなんですが!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ